CXLの解放

架橋結合の未来を発見

細隙灯マウント

モダンCXL:
Haag Streit と Zeissデザインの細隙灯にフィット

テーブルマウント

クラッシックCXL:
テーブル取付用アクセサリーが利用可能

統合プロトコル

Choose from a number of
事前設定された臨床プロトコルから選択可能。

強さの範囲

3、9、15、18、30 mW/cm²を供給。

パルスおよび連続光

For various keratoconus
様々な円錐角膜と感染性角膜炎の設定用。

厚み調整済みのプロフィール

Beam profile delivers
ビームプロフィールは、角膜周辺により多くのエネルギーを供給します。

優れたバッテリー技術

何千回もの治療に耐えられる作り

車椅子対応

車いすの方も安心して治療を受けられます

革新的

EMAGineのC-eyeデバイスは、細隙灯に架橋結合技術をもたらします。初心者から熟練ユーザーまで、シンプル、効率的かつ安全です。

多用途

細隙灯でCXLを実施します。または、他のCXLデバイス同様、C-eyeデバイスを使用します。オペ室のテーブルに取り付け可能。

ポータブル

別の場所でも勤務していますか?C-eyeデバイスはどこでも持ち歩けます。スマートフォンの充電器、またはラップトップのUSBから充電可能です。

費用対効果の高い

CXLの実行に関連する時間とコストを削減します

C-eyeデバイスは、下記の適応症向けにCE承認付で販売されています:円錐角膜、レーシック/PRK後の拡張症、透明な辺縁変性、感染性角膜炎、無菌角膜融解、水疱性角膜症。 

C-eyeは米国ではご購入いただくことができません。

C-eyeデバイスが架橋結合に革命を起こす

221,000人の眼科医全員が細隙灯という一つの装置で結ばれています。これは私達の職業を定義するものです。C-eye技術は、全ての眼科医に対して細隙灯でCXLを実施する機能を提供します。オペ室不要。シンプル、効率的、かつ安全です。 

1
世界中の眼科

架橋結合
細隙灯での

現代のクロスリンク

Cross-linking in the
オペ室でのCXL

古典的な方法–横になっているCXL

PACK-CXL

感染性角膜炎の架橋

CXL

Ectasiaのクロスリンク

オフィスで CXL を実行できますか?

What about the infection risk?

Remember that every cross-linking procedure not only improves biomechanics, it also “disinfects” the cornea by directly killing all micro-organisms and by inhibiting cellular replication. This is why a cornea at the end of every CXL and PACK-CXL procedure is “sterile”. And by the way: office-based cataract surgery office-based intravitreal injections have been performed in many thousands of cases without increased infection risk. 

Isn't time too long?

Irradiation time is not too long. Current modern protocols are integrated in the C-eye device and treat in as little as 10 minutes (CXL) and 4 minutes (PACK-CXL). See the published approach こちらから.

Does CXL work in the sitting position?

We need 3 elements for successful cross-linking: UV light, oxygen and riboflavin. Both UV light and oxygen do not “care” whether the patient is laying down or sitting. As for riboflavin, published research shows that riboflavin concentration is stable in the upright position for up to 60 minutes - much longer than we need for a CXL treatment.

Is the patient comfortable?

Offer the patient the comfortable surgeon’s chair with the armrest and take the extra time to ensure that the patient is well-adjusted. Then, the patient is very comfortable.

What about the patient's fixation?

Fixation is no issue. Offer the patient the fixation target that most slit lamps offer (for retinal examination) and the patient will keep a very steady fixation, as you can see こちらから.

互換性のある細隙灯

C-eyeデバイスは、多くのHaag-StreitタイプおよびZeissタイプの細隙灯に対応しています

C-EYE Procedure Kit

One Riboflavin for
Keratoconus and Keratitis

POSTS

PACK-CXL as adjuvant therapy improves outcomes

“PACK-CXL is safe for use in bacterial keratitis cases. It also seems to add value in reducing healing time and improving final visual acuity while reducing the need for tectonic keratoplasty” noted the study authors.

What is the future of CXL?

Corneal cross-linking (CXL) has been used in the clinic for over 20 years now, but if you ever wanted to

More posts:

Webinars and congresses

Webinars and congresses

当社のニューズレターを定期購読する