医療諮問委員会

医療が科学と出会う

エバーハード・スポール教授

ドイツ

エバーハード・スポール教授(博士)

スポール教授は、セイラ―教授と共に、角膜架橋結合の父の1人です。彼の物理学のバックグランドは、臨床医や生物医学研究社との密接な連携を相まって、架橋結合のドレスデンプロトコルを定義するのみならず、角膜架橋結合の分野で新しいアプリケーションを前進させることに貢献しました。 

彼の実績は、「最先端の技術」を継続的に改善するのに役立ちました。

 

テオ・セイラ―教授

スイス

テオ・セイラ―教授、医者、博士

屈折レーザー手術と角膜架橋結合の伝説的な革新者かつ先駆者であるセイラ―教授は、チューリッヒにはる眼科医院IROCの最高医療責任者を務めている。 

2014年の 眼科 セイラ―教授を グローバルの「パワーリスト」のトップとして選出これは、眼科で働く最も影響力のある人々の隔年リスト 20162018再びパワーリストに選出されました。

彼の臨床業務に加えて、人気の高い講演者であり、国際的にスピーカーとしてスケジュールはいっぱい、次世代の角膜および屈折矯正外科医を指導している。 

パウロ・ヴィンチゲラ教授

イタリア

パオロ・ヴィンチゲラ教授(医師)

ヴィンチゲラ教授は、Istituto Clinico Humanitas学部の眼科ディレクターであり、イタリアはミラノのストゥディ大学で眼科教授を務めています。ヴィンチゲラ教授は、フォトリフラクティブ角膜切除術(PRK)と角膜架橋結合のパイオニアであり、また屈折矯正手術とCXLの分野で非常に尊敬されているリーダーです。

角膜の生物力学と非侵襲的な評価方法を調査する彼の研究は、この分野を大幅に進歩させ、従来の経上皮の両方のアプローチの有効性に関する、私達の理解を定義しました。

コシモ・マゾッタ教授

イタリア

コシモ・マゾッタ教授(医者、博士)

信頼の厚い外科医かつ、影響力を持つ研究者であるマゾッタ教授は、イタリアのシエナ大学にある、「シエナ架橋結合センター」創立者の1人です。 

マゾッタ教授は、角膜の架橋結合方法と適用に挑戦し、患者にとって安全かつ効果的であることを確認し、それを広く公開していることで知られています。特に興味を持っている分野は、角膜共焦点顕微鏡と新しい架橋結合プロトコルの最適化です。

フレドリック・ライスクップ教授

ドイツ

フレドリック・ライスクップ教授(医者、博士)

ライスクップ教授は、CXL開発の初期段階でドレスデンで若手の臨床研究社としてつても手おり、角膜架橋結合の臨床開拓者の1人です。 

そこで多くの外科医よりも角膜架橋結合の臨床経験を積み、そこで得た知識と経験により、主要な国際会議で人気のスピーカーとして表彰されました。

 

J.ブラッドレー・ランデルマン教授

米国

ブラッドレー・ランデルマン教授(医者)

ランデルマン教授は、国際的に有名なクリーブランドクリニックの眼科医であり、臨床研究と角膜生物力学に焦点をあてています。 

人々からは、角膜拡張症の「ランドルマンスコア」として知られています。最近では角膜強度を試験する非侵襲的かつ非接触の方法であるブリルアン顕微鏡法を、角膜生物力学等、の角膜架橋結合への影響を測定する手段として市場に投入することに注力しています。 2018その雑誌は 眼科 ランドルマン教授を最も影響力のある眼科医のリストである、PowerListに投票しました。

サイモン・ポット教授

スイス

サイモン・ポット教授(DVM)

ポット教授は、チューリッヒ大学のTierspitalで眼科学の応用バイオテクノロジーおよび分子医学センターの研究グループを率いています。 

また、多くの査読済み出版物の著者であり、獣医診療における感染性角膜炎の治療のためのPACK-CXLの基礎と臨床応用の専門家でもあります。

シラオ・チェン教授

中国

シーハオ・チェン教授(医者)

チェン教授は、中国恩州医科大学付属眼科病院の屈折矯正手術センターの所長です。架橋結合された角膜における、エキシマレーザーアブレーション率を始めて記述した人物であり、眼科医が屈折レーザー手術を使用することで、角膜の架橋結合を受けた特定の候補患者の視覚を改善する道を開きました。

また、中国人の同僚への角膜の架橋結合の教育に深く関わっている教育者であり、技術の偉大な擁護者である教授は、教科書「角膜の架橋結合、初版」の中国語版の編集も行いました。

ファーハド・ハフェジ教授

スイス

ファーハド・ハフェジ教授(医者、博士、FARVO)

ファーハド・ハフェジ(医者、博士、FARVO)は、教授、前眼部外科医、眼細胞生物学者です。 2014, 2016, 20182020 ハフェジ教授は眼科で最も影響力のある100人のリストである、「The Ophthalmologist」の隔年のPowerList100に投票されました。

患者のケア、研究開発、教育を組みあわせたことでパイオニアとなり、主要なオピニオンリーダーでもあります。患者のケア、研究開発や教育まで行っているハフェジは、角膜架橋結合(CXL)のパイオニアでありKOLでもある。ハフェジ教授の実績としては、185以上の査読付き記事、レター、レビューおよび本が含まれています(7900件の引用、影響因子:625、h 指標:45)